アキラ100%が挑戦する、年収1,000万円超え高額仕事に注目!

7月15日に、日本テレビ系列で放送される「それって!?実際どうなの課 年収1,000万円超え高額仕事」に、お笑いタレントのアキラ100%さんが挑戦します。

これまでも同じ番組内の企画で、アキラ100%さんは高額収入の仕事を経験してきたそうですが、今回は番組史上最高の金額となる、超高額収入の仕事に挑戦するそうです。

アキラ100%さんもブレイクする前は、下積み時代にアルバイトをしてきたそうです。
これまでの経歴とともに、超高額収入の仕事を調べて紹介していきます。

スポンサードリンク

アキラ100% の経歴プロフィール

本名:大橋 彰
生年月日:1974年8月15日
職業:お笑いタレント
出身地:埼玉県秩父市
所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

アキラ100%さんは、2017年の R‐1ぐらんぷりに優勝することでブレイクしました。
この優勝後の1日だけで、前年の1年間にあった仕事の量と、同じくらいの仕事のオファーをもらったと言います。

プライベートでは、2015年に結婚し、2019年に第一子となる女児が誕生しています。
2018年からはお笑い芸人としての活躍だけではなく、俳優としても活動の領域を広げています。2019年には映画「こはく」で準主役を演じ、2020年には地上波ドラマ「トップナイフ」で、初めてレギュラー出演を果たしています。

アキラ100%の下積み時代のアルバイトは?

高校で演劇の世界に興味を持ち、大学卒業後、芸能事務所のオーディションに通ったそうです。合格には至りませんでしたが、事務所の手伝いをしながら役者の勉強をしていました。
椎名桔平さんの付き人もされた経験があるそうです。

その後養成所に通い、舞台稽古と、アルバイトの生活となります。
そして、30歳でお笑い芸人を目指すようになります。
このころからスポーツクラブのアルバイトはじめ、 R‐1ぐらんぷりで優勝するまで10年間続けたそうです。ブレイク直前まで、週5日シフトに入っていたと語っています。

ちなみに、一般的なスポーツインストラクターの求人だと、時給1,000~2,000円。

1日5時間、週5日(月20日)働いたとすると、およそ月収10~20万円となります。

スポンサードリンク

建設業界の高額仕事って何があるの?

番組で、アキラ100%さんが挑戦する、建設業界の高額収入の仕事は「基礎工事」に関しては新人でも月給30万円、一人前の親方で年収2,000万円、極めれば年収1億円もあるそうです。

しかし建設業界の中でも、仕事のキツさは業界トップクラスのようです。
スピードと精密さが要求されるそうで、想像以上に過酷な現場のようです。

その他にとび職も、20代で年収1,000万円も珍しくなく、親方になれば年収1,500万円~2,000万円も稼げるそうです。

現場責任者ともなれば、年収1,000万円超えも珍しくないのが工事現場の職人の世界のようです。

また鍛冶工、構造体の鉄筋型枠・コンクリート土木の職人も、給料が良いとされるようです。

まとめ

日本テレビ系列「それって!?実際どうなの課 年収1,000万円超え高額仕事」に、お笑いタレントのアキラ100%さんが出演します。

これまでも番組内の同じ企画の挑戦をしてきましたが、建設業界の「基礎工事」に関しては新人でも月給30万円、一人前の親方で年収2,000万円、極めれば年収1億円という超高額収入の世界とのことです。しかし仕事のキツさは業界トップクラスのようです。

その他にとび職や、鍛冶工、構造体の鉄筋型枠・コンクリート土木の職人も、給料が良いとされるようです。

また、現場責任者ともなれば、年収1,000万円超えも珍しくないのが工事現場の職人の世界のようです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする