注目キーワード
  1. 話題
  2. 人気
  3. 調査

マツコ、J.Y.Park出演第二弾!RIMAは出てきた瞬間から凄かった!MAKOは?RIKUは?

9月19日(土)23時~日本テレビ系「マツコ会議」に、

「Nizi Project」の総合プロデューサー、J.Y.Parkさんが

先週に引き続き2週連続で出演することが発表されました。

 

スポンサードリンク
 

マツコ会議(9/19)放送の見どころ

 

世界的プロデューサー J.Y.Park出演第2弾!

「オーディションは人生の縮図」

選ばれたNiZiUメンバーの魅力に迫る!

 

9月19日土曜日23時~23時30分放送のマツコ会議は、

いま話題の「Nizi Project」を手がけた

世界的プロデューサーJ.Y.Park との中継第2弾!

 

先週の放送ではJ.Y.Parkの「褒める指導の本質」や、

「餅ゴリ」という自身のあだ名についてなど、

これまであまり語られなかったJ.Y.Parkのパーソナルな部分に、

切り込んだマツコ。

 

今回はマツコもハマったという「Nizi Project」と

「NiZiU」についてより深く語っていく。

 

J.Y.Parkが10年もの構想を経て作り上げた「Nizi Project」。

マツコは、「オーディションは人生の縮図」と評するほど、

この番組に魅了されたそう様々な課題を乗り越え、

1万人の中から選ばれた「NiZiU」のメンバー達の成長を見て、

 

「ちゃんと目標があって未来を描けている人は、

どんなに厳しい環境にあってもちゃんと食らいついていく。

そういうまっとうな姿を、改めて見せられた」という。

 

それに対しJ.Y.Parkはプロデューサーとしては、

 

「短所がたくさんあっても、特別な長所がひとつだけあれば、

メンバーに選びます。

短所は隠して、長所を最大限引き立たせればいい。

全員その長所があるから、「NiZiU」メンバーは完璧だと思います」

と断言。プロデューサーとしてのあり方を語る。

 

そして話は、なぜこの9人が選ばれたのか?

メンバー一人一人の具体的な魅力の話に。

 

「MAKOは、マイケルジョーダンを彷彿とさせる」

「RIKUは、最も予想を越えて行った参加者」など

 

J.Y.Parkから一人一人の魅力を聞いていく中、

マツコに「出てきた瞬間から凄かった」と言わしめる、

RIMAの話になると、「実は一番心配していた参加者だった」

という、J.Y.Park。

その真意を語る。

 

またマツコが思う「Nizi Project」で最も心を動かされた、

このオーディションの真のスターについても熱く語る。

 

今週は、今話題の「NiZiU」にフォーカスして、

番組内で取り上げられるようですね。

 

「Nizi Project」や「NiZiU」のことを知らない人でも、

今夜の「マツコ会議」を観ることで、

その背景、生い立ちが、全てわかりそうです。

 

スポンサードリンク

NiZiU、メンバー9名の紹介

 

毎年下半期は年末にかけて、”賞レース”となります。

「NiZiU」もそれに合わせて、歌番組を中心に露出が増えていくと思われます。

 

 

【AYAKA (アヤカ)新井彩花】

2003年6月20日生まれ

とにかくビジュアルがよく、他の参加者やJ.Y.Parkからも一目おかれていた存在。

実力が足りず、地域オーディションで不合格となるところを、

スター性と本人の強い意志を受けてJ.Y.Parkが合格を決めました。

 

東京合宿最初のダンステストでは、

地域オーディションからの成長を発揮して挽回!

 

【MAKO (マコ) 山口真子】

2001年4月4日生まれ

JYPエンターテイメントの練習生歴は2年を越え、

周りからも一番の努力家と言われているメンバー最年長。

 

そのダンス力は、J.Y.Parkがオーディション中に感動の涙をながすほど!

努力で仕上げられたスタイルも絶賛されるパーフェクトな存在です。

 

【MAYA  (マヤ)勝村摩耶】

2002年4月8日生まれ

JYPに並ぶ韓国の大手芸能事務所である、

YGエンターテインメントの日本拠点YGJの元練習生。

 

「アイドルぽくない顔がとても魅力的」とJ.Y.Parkが言うほどの

モデルや女優寄りの端正な顔立ちを持っています。

 

【MAYUKA (マユカ)小合麻由佳】

2003年11月13日生まれ

東京合宿の初期はあまり目立たず、最後の最後で韓国合宿進出を決めたメンバー。

 

なかなか評価されない中で、諦めず前向きに取り組む真摯なその人柄に、

トレーナーやスタッフからの最高点を獲得していました。

 

【MIHI(ミイヒ)鈴野未光】

2004年8月12日生まれ

マコと同じく、JYPの練習生。

ダンスが苦手でしたが、東京合宿では誰よりも早くダンスのキューブを獲得した努力家です。

 

J.Y.Parkからも地域オーディションの段階で

「スターになる準備ができている子」とすでに推されていました。

 

【NINA(ニナ)ヒルマン・ニナ】

2005年2月27日生まれ

アメリカと日本のハーフであり、地域オーディションの2年前に

日本に来たばかりであるにもかかわらず、流暢な日本語を話すニナ。

 

歌唱力が特に高く、J.Y.Parkがその才能に驚き、言葉を失うほど!

ダンスにも自分だけのキャラクターと表現力があり、つい見てしまうことでしょう。

 

【RIKU (リク)大江梨久】

2002年10月26日生まれ

地域オーディションでは「発声と呼吸が教科書のように完璧」と

歌唱力を評価される一方、空手黒帯3段所持者というギャップの持ち主!

 

オーディションの中では目を見張る成長を見せ、その努力が絶賛されました。

 

【RIMA (リマ)横井里茉】

2004年3月26日生まれ

父はかの有名なDJでラッパーのZeebra(ジブラ)、母はモデルの中村美和という芸能界サラブレッド。

父譲りのラップと、ダンスのリズム感、表現力を高く評価されています。

 

両親の知名度のプレッシャーがあった彼女に

「肩の力を抜いても十分君はすでに特別な子です」

とJ.Y.Parkが声をかけるシーンは印象的ですね。

 

【RIO (リオ)花橋里緒】

2002年2月4日生まれ

以前はE-girls妹分の「バニーズ」として活動していたが所属事務所を退所。

その後、もう一度今までやってきたことを存分に活かせる場所に立つために参加したようです。

 

ダンスはJ.Y.Parkに「その演技力に魅了された、完璧に没頭した」と大絶賛されるほどの才能の持ち主!

 

転載:SDM

 

スポンサードリンク

最新動画「Baby I’m a star」紹介

 

8月29日に公開された最新動画です。

20日間で800万回再生されています。

 

・NiziU「Baby I’m a star」Dance Performance Video

 

9月19日(土)23時~「マツコ会議」、注目してみましょう!

 

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE