注目キーワード
  1. 話題
  2. 人気
  3. 調査

「危険なビーナス」第7話予告あらすじ・母と佐代の隠された関係とは?

こんにちは。

危険なビーナス第7話では、母・禎子(斉藤由貴)、死の真相に迫ります!

さっそく、予告あらすじに注目してみましょう。

 

スポンサードリンク

「危険なビーナス」とは

 

正義感が強く、美女に弱い獣医が異父弟の失踪をきっかけに

妻を名乗る女性に翻弄されながらも、

名家の遺産を巡る謎に挑んでいくさまを描く。

原作:東野圭吾

 

【主なキャスト】

手島伯朗(てしま はくろう)〈38〉

演 – 妻夫木聡

本作の主人公。

池田動物病院で院長代理を務める独身の獣医。

 

矢神楓(やがみ かえで)〈30〉

演 – 吉高由里子

本作のヒロイン。

異父弟である明人の妻と名乗る謎の美女。

 

矢神勇磨(やがみ ゆうま)〈40〉

演 – ディーン・フジオカ

矢神家の養子で都内に複数のダイニングレストランを

経営している若手実業家。

 

矢神明人(やがみ あきと)〈29〉

演 – 染谷将太

伯朗の母と再婚相手の間にできた異父弟。

 

蔭山元美(かげやま もとみ)〈31〉

演 – 中村アン

池田動物病院で伯朗の助手を務める動物看護師。

 

スポンサードリンク

第7話(11/22放送)の予告あらすじ

 

伯朗(妻夫木聡)と楓(吉高由里子)は小泉の家を探る中で、

明人(染谷将太)が数年前に小泉の家に来て

母・禎子(斉藤由貴)が亡くなったお風呂場をじっと見つめて佇んでいたこと、

そして禎子が亡くなる少し前に、なぜか佐代(麻生祐未)がそこを訪れていたことを知る。

 

 

禎子と佐代はどんな関係にあったのか?

母を殺した真犯人は佐代なのか?

 

動物病院へ戻った伯朗と楓は、小泉の家から持ち帰ったアルバムを見て、

あれこれと推理する。

 

そんな伯朗と楓の様子を外から伺う黒服の男がいた…。

 

伯朗は矢神家を訪れ、寝たきりの康治(栗原英雄)から

母の死の真相を聞き出そうと試みる

 

しかし康治は、「あきとにうらむな」という謎のメッセージを文字盤に残して、

再び眠りに落ちてしまう。

 

 

康治から禎子と佐代について何も聞き出せなかった伯朗と楓は、

直接佐代に話を聞こうと試みる。

 

 

 

一方、勇磨(ディーン・フジオカ)は密かに康治の研究室を探っていた。

 

とある幾何学模様の画を見つけた勇磨は、それが牧雄(池内万作)の追い求める、

30億の遺産よりも「価値あるもの」につながる重要な資料と考え、

それをネタに楓にアプローチをかけてきて…。

 

スポンサードリンク
 

ファンメッセージの反応は?

 

 

矢神家の人々は決して一枚岩ではなく、

展開が読めないので、今後が楽しみです。

やっと、明人が出てきたと、ワクワクしています。

 

まだまだ犯人が分からなくてずっと楽しめます。
伯朗さんがんばってください!!

 

誰が犯人なのか、毎話引き込まれてしまう展開、最高です!
妻夫木くんの妄想シーンも楽しみです。

伯朗兄ちゃん、犯人探しガンバレ!

 

これまでのあらすじ

 

【第6話】

 

伯朗(妻夫木聡)は、母・禎子(斉藤由貴)が

矢神家の人間に殺されたと聞きショックを受ける。

 

楓(吉高由里子)からも、明人(染谷将太)が

母の死の真相を暴こうとしていたことを聞き、

兄である自分になぜ相談してくれなかったのかとやりきれない。

 

明人の失踪と禎子の死の真相には何か関係があるのか?

と考察する伯朗と楓。

 

気になるのは「30億の遺産よりももっと価値があるもの」

という牧雄(池内万作)の言葉だ。

しかし、その牧雄が「退院する」とメモを残し、病院からいなくなってしまう。

 

伯朗は矢神家で禎子の遺品を引き取り、そのまま兼岩家へ。

叔母の順子(坂井真紀) と憲三(小日向文世)夫婦と共に遺品を見ながら、

禎子が亡くなった16年前の話になる。

 

順子がふと、遺品の中に実家のアルバムがないことに気づく。

禎子が亡くなった後、そのアルバムは矢神家で処分されてしまったのだろうか?

そして、今は更地となった小泉の実家の土地がどうなっているのか、

確かめに行った方がいいと順子は伯朗に助言する。

 

一方、伯朗は楓のことが気になっていた。

自分が矢神家に行くことを伝えても「今夜は予定があるから」と素っ気なく、

メールや電話にも応答がない。

その頃、楓は勇磨(ディーン・フジオカ)と2人で会っていて…。

 

【第5話】


動物病院で勤務中の伯朗(妻夫木聡)のもとに差出人不明の手紙が届く。

そこには「今夜、康治が殺される」と書かれていた。

楓(吉高由里子)と元美(中村アン)とランチにいくことになった伯朗は、
2人にその手紙のことを話す。

誰かのイタズラと軽く考えている伯朗に対し、
楓と元美は「誰かが康治さんを殺そうとしていて、誰かがそれを止めようとしている」と推理する。

一方矢神家では、波恵(戸田恵子)が夜7時に親族を集めて“開かずの間”を開け、
遺産を再確認することを決めていた。

 

禎子(斉藤由貴)の遺品もあるため、波恵は伯朗にも来てほしいという。

遺産を全て手に入れるため、康治(栗原英雄)の殺害を企てる祥子(安蘭けい)は、
今夜一族が“開かずの間”を確認中に計画を実行することを君津(結木滉星)と杏梨(福田麻貴)に宣言する。

夕方、矢神家を訪れた伯朗と楓は、康治の無事を確認する。

 

育ての親・康治に対する複雑な思いを吐露した伯朗に対し、
楓は康治殺害計画を阻止する作戦を提案する。

楓はベッドの下に潜り込み、伯朗は親族が揃う部屋へ。

やがて、“開かずの間”を開ける時刻が近づき…

 

【第4話】

 

伯朗(妻夫木聡)は百合華(堀田真由)から、

母の祥子(安蘭けい)が置手紙をしていなくなったと告げられる。

 

明人(染谷将太)のケースと同じだ。

一緒に探してほしいと頼まれるが、かつて母・禎子(斉藤由貴)を

いじめた祥子のことを助ける気にはなれない。

 

伯朗が断ると、百合華は「このことは楓さんには言わないで」と口止めして帰って行く。

 

その頃、楓(吉高由里子)は寝たきりの康治(栗原英雄)の看病を手伝うため矢神家にいた

波恵(戸田恵子)が遺産管理の今後について康治に相談すると、

康治は文字盤を使い、まばたきで『あきとをまて』と返し、

また眠りについてしまった。

仕事を終えた伯朗は、さすがに百合華のことが気になり、支倉家へ。

祥子の手掛かりを得るため、百合華の案内で家の中を調べて回る。

 

 

伯朗は、祥子の部屋で差出人不明の不審な手紙をみつける。

そこには「あなたは夫に殺される」と書かれてあった。

 

まさか、夫・隆司(田口浩正)が祥子を……!?

隆司の部屋も調べてみると、思いもよらない物がみつかる。

その時、伯朗は背後から何者かに口を塞がられ……!?

 

【第3話】

 

伯朗(妻夫木聡)は楓(吉高由里子)が救急搬送されたと

看護師の元美(中村アン)から聞き、病院に駆けつける。

 

 

しかし、楓はすでに帰宅した後で、伯朗は

そのまま彼女が住む明人(染谷将太)のマンションへ。

 

楓は何者かに階段から突き落とされたと言う。

さらに、突き落とした犯人は「いい匂いがした」と伯朗に告げる。

 

 

翌日、矢神家を訪ねた楓は、当主・康治(栗原英雄)の病状が思わしくないと聞いて、

叔母の波恵(戸田恵子)と祥子(安蘭けい)の心中を思いやるふりをしてハグをする。

 

 

「匂い」を確かめるためだ。

 

そして、康治の看護師・杏梨(福田麻貴)の髪の匂いが犯人と同じであることに気づく。

 

さらに、祥子の娘・百合華(堀田真由)も疑う楓。

そのことを動物病院に行って伯朗に伝え、伯朗は百合華と会う約束を取り付ける。

 

一方、勇磨(ディーン・フジオカ)は楓の帰宅を待ち伏せていて…。

 

【第2話】

 

伯朗(妻夫木聡)と楓(吉高由里子)が

待っていた牧雄(池内万作)は、

すぐ近くのエスカレーターの下で倒れていた。

 

救急隊員が応急処置をするなか、

伯朗たちは矢神家へと急ぐ。

 

遺産に関する情報を握る牧雄が、

矢神家の誰かに口封じのために

エスカレーターの上から突き落とされたと

楓は考えたのだ。

 

だとすれば、今屋敷にいない人物か、

帰宅したばかりの人物が怪しい。

 

2人が屋敷に到着すると、当主の妹・波恵(戸田恵子)と

その異母妹・祥子(安蘭けい)、

祥子の夫で医師の隆司(田口浩正)、

看護師の杏梨(福田麻貴)は在宅していた。

 

 

外出中でアリバイがないのは

養子の勇磨(ディーン・フジオカ)と

佐代(麻生祐未)。

 

さらに、車で戻ったばかりの

使用人兼執事の君津(結木滉星)も怪しい…。

 

しかし、転落直前に連絡を取っていた

楓の番号が牧雄のスマホに残っていたことから、

楓にも疑いの目が向けられてしまう。

 

そんな楓を弁護しつつ、一方で伯朗は、

牧雄の転落事故にも動揺を見せることなく

冷静に犯人捜しをする楓に違和感を覚える。

 

 

そんな時、伯朗は勇磨から、

楓が本当に明人(染谷将太)の妻なのか

確かめるために彼女のスマホを盗んで

自分に渡してほしいと頼まれる。

 

【第1話】

 

ある日、いつものように動物病院で診察をしていた伯朗(妻夫木聡)。

 

そこに「弟の妻」を名乗る謎の美女・楓(吉高由里子)が突然現れ、

弟・明人(染谷将太)が失踪したことを聞かされる。

 

さらに楓は、明人の失踪には親族の誰かが関わっているのではないかという。

 

親族とは、伯朗の母が夫を亡くした後に嫁いだ「矢神家」の一族だ。

 

伯朗は矢神の家では連れ子として肩身の狭い思いをしてきており、

母の死後は一族と疎遠になっていた。

 

一方、矢神の血を引く明人には総額30億円とも言われる遺産の相続権があり、

現当主が危篤状態にある今、その遺産を狙う親族が明人をさらったかもしれないと

楓は訴える。

 

もう矢神家とは関わらないと決めていたが、

困っている女性を放っておけない伯朗は楓と共に矢神の屋敷へ向かう。

 

そこには昔から伯朗を見下している矢神家の養子・勇磨(ディーン・フジオカ)を

はじめとした一族の面々が顔をそろえていた。

 

伯朗と楓が調べを進めていくと、一族の不穏な動きが次々に浮かび上がってくる。

 

そんな中、伯朗は楓と行動を共にするうちに、

捉えどころのない不思議な魅力に惹かれていく。

 

その様子を察した動物病院の助手・蔭山元美(中村アン)は、伯朗に忠告するが…。

 

今週の妻夫木聡インスタは?

 

 

 

この1週間は、新しい投稿はありませんでした、、、。

中村アンさんの撮影写真が最新です。

 

次回第7話は、11月22日(21時~)です。

 

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE