忽那賢志(くつなさとし)経歴は?コロナ禍で戦う感染症医の文才も凄い!情熱大陸

こんにちは。

2020年10月11日(日)  23時25分~、TBS「情熱大陸」で、

忽那賢志・「回復者血漿療法」新型コロナ治療の臨床研究最前線が放送されます。

【番組内容】

新型コロナウイルス感染症が

日本で拡大してからおよそ半年。

現在まで国内の感染者は8万人以上、

死者1,500人以上に達するなど、

予断を許さない状況が続いている。

忽那が勤める国立国際医療研究センターは、

国の感染症対策の中核を担うにいわば本丸。

忽那は、中国・武漢からのチャーター便の帰国者対応や、

クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」号の患者受け入れなど、

発生直後からコロナ対策の最前線のリーダーとして

新型コロナ感染者への治療にあたってきた。

第二波のピークを超え”Withコロナ”が定着しつつある中で、

街には人の往来が戻りつつある。

だが、忽那たち医療従事者が危惧するのは、

今冬にも来ると思われる第三波だ。

いまだ確かな治療法がなく、

ワクチンもない中で忽那が第一波の最中から研究を始めていたのが、

コロナ感染から回復した患者から

新型コロナウイルスに効く抗体を取り出す「回復者血漿」。

日本初の試みとして期待を集めている。

9月、倫理委員会の審査が終了し、

ようやく臨床研究が始められるようになった。

今回は、忽那たち国立国際医療研究センターの半年を振り返り、

「100年に一度の感染症災害」に立ち向かう

忽那たちの模索の日々、

感染症医の最前線の現場に迫る。

忽那賢志さんは、すでにニュースステーションなど、

様々なテレビ番組にも出演されている先生です。

忽那先生は、記事原稿など多くの文書を執筆されています。

今回、人柄がにじみ出ている原稿に注目して、ご紹介します。

忽那賢志(くつなさとし)経歴プロフィール
忽那賢志(くつなさとし)文才も凄い 医療原稿
忽那賢志(くつなさとし)文才も凄い ”ずらし旅”

一緒にみていきましょう。

スポンサードリンク

忽那賢志(くつなさとし)経歴プロフィール

1978年生まれ、福岡県北九州市出身。

山口大学医学部を卒業後、

救急医療などの現場で経験を積み、

その後、感染症を専門に。

2012年より国立国際医療研究センター国際感染症センターに勤務。

デング熱、エボラ出血熱擬似症のほか、

珍しい症例として回帰熱や

2013年に国内初となるデング熱に似た熱帯感染症・ジカ熱がある。

今年は20本以上の論文を発表。

9月には世界的に最も権威ある医学雑誌

「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に

新型コロナウィルスの抗体化の推移に関する論文が掲載。

出口のないコロナとの戦い、

疲弊する現場で気持ちが救われたことは

漫画家の羽海野チカさんやたくさんの方々から

応援メッセージをもらったこと。

ウィルスを持つマダニを探しにフィールドに再び行きたいと願う。

同僚や友人からは「仏の忽那」の愛称で親しまれている。

医者としても、研究者としても、

多忙を極めているようです。

「情熱大陸」には、5年前にも出演されているようです。

このときは、

エボラ出血熱、デング熱・・・

”輸入感染症”の危機にさらされる、

日本の水際対策を任される感染症医・忽那賢志に密着

とあります。

かなり以前から、感染症医として

精力的に活動されていることがわかりますね。

スポンサードリンク

忽那賢志(くつなさとし)文才も凄い 医療原稿

2015年から2018年まで、

看護師向け情報サイト「日経メディカルナーシング」で、

”忽那賢志の「感染症相談室」”という連載がありました。

一部を抜粋してご紹介します。

ところで皆さんは下痢したことありますか。
私はあります。ありまくります。

というわけで私の下痢エピソードを開陳してもよろしいでしょうか。

特に反対意見がないようですので、
今回は思い出深い私の下痢エピソードを披露しちゃいたいと思います。

~以下、つづく~
「食うべきか食わざるべきかそれが問題だッ!」より

「あ、まだやってたんだ、この連載」。
そう思った読者も多いことでしょう。

そうなんです、まだやってたんです。

自分でもまだやってるのか分からなくなっていましたが、
まだやってるはずです!

一応、月2回掲載ということで始めた本連載ですが、
今年の連載本数は…5本ですか…われながらひどいもんですな…。

~以下、つづく~

「発表!感染症業界の流行語大賞2016」より

いきなりだけど、今日はオレ、怒ってっから。

もう、普段は温厚な忽那さんも、

今日は丁寧語すら使えないほどにまで煮え立ってる状態なわけ。

「国立国際医療研究センター国際感染症センターの忽那です。

この連載は複雑に入り組んだ感染症診療に鋭いメスを入れ、

様々な謎や疑問を徹底的に究明するものです」

っていうお決まりのオープニングのセリフも

書けないほど憤ってるわけ。

もう、今、怒りを噛み締めすぎて歯茎から出血しながら

この原稿書いてるから。

~以下、つづく~
「インフルエンザワクチンの値上げに忽那さん激オコ」より

ツイッターでも、こんな感じ。

気さくな先生ですね!

ちなみに、忽那先生が執筆した、

ヤフーの記事数は1年間で120を超えています。

もちろん、真面目な医療トッピクです。

出典:

https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/

スポンサードリンク

忽那賢志(くつなさとし)文才も凄い ”ずらし旅”

コロナ専門家として、

家族旅行 ひなびたお寺で「ずらし旅」を

提案されています。

・居初氏庭園(いそめしていえん)
滋賀県大津市

・旧秀隣寺庭園
高島市朽木岩瀬374

メジャーな観光地では無いようなので、

とても魅力的です。

まとめ

精力的にご活躍されている、感染症医・忽那賢志さんの

文才に注目してご紹介しました。

忽那賢志(くつなさとし)経歴は?コロナ禍で戦う感染症医の文才も凄い!

忽那賢志(くつなさとし)経歴プロフィール
忽那賢志(くつなさとし)文才も凄い 医療原稿
忽那賢志(くつなさとし)文才も凄い ”ずらし旅”

まとめです。

・同僚からは「仏の忽那」の愛称で親しまれているほど、穏やかな性格らしい
・文章が上手で、ユーモアたっぷりの連載記事を多数執筆されている
・コロナ禍における、旅行アイディアとして”ずらし旅・お寺”を紹介

気さくな人柄が、にじみ出て良いなぁと思います!

最後まで、お読みいただきましてありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする