注目キーワード
  1. 話題
  2. 人気
  3. 調査

逆転人生(キムスジン)の現在は?脱北の理由や日本の人数を調査!

こんにちは。
4月19日の逆転人生で、”脱北女性が成し遂げた愛の逆転劇”放送されます。
キムスジンさんが出演されます。

 

脱北とは何なのか?
脱北をしなければならない理由は何なのか?

初めて知ることがたくさんありそうです。

また、キム・スジンさんの現在の生活も調べたいと思いました。
脱北した方が日本にどれくらいいるのか?という人数なども調べたいと思います。

 

さっそく、

 

逆転人生のキムスジンさんの経歴wikiプロフィールは?
逆転人生(キムスジン)の現在は?
逆転人生(キムスジン)以外にも脱北者はいる?理由は何?
脱北者の人数は?日本にはどれくらい居る?

 

を調べてみました。

一緒に見ていきましょう!

 

スポンサードリンク
 

逆転人生のキムスジンさんの経歴wikiプロフィールは?

 

キム・スジンさんの経歴は、多く公表されていないようです。

プロフィールを調べていると、「脱北者たち」という書籍の中で、
キム・スジンの経歴、体験がドキュメンタリーとして出版されていました。

 

 

キム・スジン 経歴
生年:1974年生まれ
年齢:47歳 ※2021年

北朝鮮では恵まれた階層の出身で、貿易会社で働いていたそうです。
32歳の時に、海外出張できるパスポートが与えられ、中国で働くことになります。

 

北朝鮮では、良家の子女には、亡命するリスクが低いということから、
海外で働かせることがあるそうです。

北朝鮮が外貨を稼ぐために”北朝鮮レストラン”を、中国やアジアで展開し、
そこで働くのが、キム・スジンさんのような女性が多いそうです。

 

キム・スジンさんは、中国滞在中に、韓国に脱北をしました。

韓国で、「ガソリンスタンドの店員」「雑貨屋」「ネットビジネス」、、。
そして「結婚仲介サービス」が大当たり。

 

韓国では「南男北女」という言葉があり、家庭的でしっかりした北朝鮮の女性が、
好まれるそうです。

 

キムスジンさんは、これまでに500組のカップルを誕生させたそうです。

 

苦労の連続だったと想像しますが、

ビジネスで成功できたそうです。

本当に報われて良かったですね!

 

スポンサードリンク
 

 

逆転人生(キムスジン)の現在は?

 

キム・スジンさんの現在の状況を調べてみましたが、

結婚紹介所のビジネス規模などは、わかりませんでした。

 

おそらく、日本のテレビに出演しているくらいなので、

ビジネスは順調なのでしょう。

 

脱北者としてのリアルな体験を、ビジネスとして活用することも、

商才溢れるキムスジンさんであれば可能なような気がします

 

韓国における、脱北者のイメージも、

「閉鎖的なものではなく、開かれたものになってきている」風潮が

あるようです。

 

スポンサードリンク
 

 

逆転人生(キムスジン)以外にも脱北者はいる?理由は何?

 

 

日本にいると北朝鮮の情報があまりありません。
庶民の動きもわからないので、なぜ脱北をするのか理由を調べてみました。

2015年の調査資料によると、

政治的や経済的理由でない”脱北理由”が
増えていることがわかりました。

 

脱北者の脱北理由は、
「食料不足と経済的困難」が過半数を占めますが、

・自由のため
・北朝鮮の体制への不満
・お金を稼ぐため
・家族(子供の将来)のため

 

など多様になってきているそうです。

 

韓国における脱北者の数は、

2009年の2,900人をピークに、

毎年1,000人以上いるそうです。

 

脱北者の人数は?日本にはどれくらい居る?

 

 

日本に暮らす脱北者の人数は、

2015年の記事によると、およそ200人らしいです。

 

韓国に比べると、やはり少ないですね。

 

その200人も、自ら脱北者であることを告白しないそうです。

 

やはり、好奇の目で見られたり、

そもそも注目されるのは怖い、という意識があるのは、当然ですよね。

 

そのような背景から、脱北者といっても、

「日本には関係のないこと」ということに繋がってしまうのかな?と思います。

 

誰もが、

「自由で、安心できる世の中で暮らす」ことができれば良いと思います!

 

逆転人生(キムスジン)の現在は?脱北の理由や日本の人数を調査!まとめ

 

・逆転人生のキムスジンさんは、1974年生まれの女性。
北朝鮮から韓国に亡命し結婚紹介所のビジネスで成功した人物です。

現在の詳細は推測ですが、家族と韓国に暮らしていると思われます。

脱北者の理由は、食料不足と経済的困難の理由の他に、「自由のため」など多様化しているようです。

脱北者の数は、韓国が一番多く、毎年1,000人以上います。

日本にはこれまでの累計で、200人程度となっているようです

 

最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE