注目キーワード
  1. 話題
  2. 人気
  3. 調査

初めての四万十川観光、レンタル自転車で沈下橋まで行ってみよう

高知県西部を流れる四万十川は、標高1336メートルの不入山(いらずやま)を源流とする一級河川で、全長196キロメートルです。

ダムなど人工の建造物が建設されていないため、「日本最後の清流」と言われ「名水百選」にも選ばれています。

川の流域の美しい景観と澄んだ水にふれるために、屋形船や遊覧船観光もありますが、
初めて四万十川を観光する人に向けて、自分のペースでのんびり好きな場所に立ち寄れる”自転車旅”のご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

四万十川観光、自転車レンタルの方法

四万十川沿いの自転車レンタルは2種類あり「通常のレンタル自転車」「乗り捨て可能なレンタル自転車」があります。

はじめての四万十川観光の場合は、JR中村駅ターミナル広場にある「四万十市観光協会」を起点としたほうが迷うことなく自転車旅がはじめられるかもしれません。

【通常のレンタル自転車】
・料金
二人乗り自転車5時間以内:2,500円 ※17:30までに要返却
電動アシスト自転車5時間以内:2,000円 ※17:30までに要返却
シティサイクル・マウンテンバイク5時間以内:1,000円 / 24時間:1,500円

・貸出場所
四万十市観光協会
高知県四万十市駅前町8-3
TEL:0880‐35-4171
営業時間:8:30~17:30 

【乗り捨て可能なレンタル自転車<必ず予約が必要です>
・料金
1日:1,500円
24時間:2,000円
※26インチのマウンテンバイクのみ

 
・貸出場所
下記のとおり全7か所のターミナルがあり、どこで借りても・返してもOKとなっています。
「四万十観光協会」「四万十 川の駅カヌー館」「JR江川崎駅」「四万十楽舎」「しゃえんじり」「かわらっこ」「新ロイヤルホテル四万十」

 
・問合せ先
四万十 川の駅カヌー館
高知県四万十市西土佐用井1111-11
TEL:0880-52-2121
営業時間:8:30~17:30 

 

 

スポンサードリンク
 

四万十川観光、おすすめ自転車旅のルート

JR中村駅の至近にある「四万十観光協会」を起点にしたルートをご紹介します。

所要時間 およそ2時間

(A)→(G)までのルートです。


【見どころ紹介】

(A/G)四万十市観光協会


 ↓10分
(B)赤鉄橋

ドラマ「遅咲きのヒマワリ」の撮影でも使われた綺麗な橋ですね。
 ↓10分
(C)入田ヤナギ林


春は、1,000万本の菜の花の森が一面に広がるそうです。
 ↓10分
(D)四万十川桜づつみ公園


桜と川の景色と一緒に楽しめます。
 ↓10分
(E)佐田沈下橋


四万十川にある、47の沈下橋のひとつです。
 ↓20分
(F)一條神社


1862年に建立され、中村の文化経済の発展に力をそそいだ、土佐一條歴代の霊を祀っています。
 ↓10分
(A/G)四万十市観光協会

 

 

スポンサードリンク
 

 

四万十川観光、「沈下橋」の魅力とは?

四万十川流域は、昔から台風が通過するコースとなっている雨の多い地域です。
川の増水しても橋がそのまま水面に沈む(沈下する)設計となっているので、あえて欄干がありません。
これにより、増水した際の水の抵抗も減り、漂流物によって橋が破壊されることも少なくなります。
文字通り「沈下」することから「沈下橋」という名称で呼ばれています。

四万十川には47の沈下橋があると言われ、一番長い橋が「佐田沈下橋」です。
全長291.6m、幅4.2mあり、橋の橋脚が青く塗られているのがポイントです。
四万十川の一番下流にあるので、長い橋です。
中村市街から一番近い距離にあるので、自転車旅でも行きやすいと思います。

引用元 四万十市公式ホームページ

美しい沈下橋は、他にもありますが、さらに遠方に位置しているため、体力に自信のあるかたにおすすめです。

四万十川観光、「沈下橋」の口コミ感想は?

・四万十川で最も下流にある(四万十市の中心部である中村市街に最も近い)沈下橋です。
土佐くろしお鉄道中村駅から自転車で約30分で行けましたが、駅前の観光案内所では自転車で50分程度との案内が出ていました。
途中の河原での眺めも良かったです。(ただし,一部で景観が悪く細い道もありましたが)

・一番下流にある橋だけあって、長さもあり、見ごたえのある橋です。真っすぐに川面の突き出していく道(橋)、爽快な気分になりました。
とても風景が綺麗で落ち着く場所でした。

一方で、こんな感想もあります。

・川の美しさに気を取られないよう橋を通行、走行する方はお気を付けください。
・車で渡るのは怖いので歩いてみました。橋の欄干が無いだけで心許ないけど美しい景色でした。

引用元 トリップアドバイザー

橋には欄干がありませんので、十分に気をつけましょう

 

まとめ

 

「日本最後の清流」と言われる四万十川をめぐる”自転車旅”行ってみたいと思いませんか?
自分のペースでのんびりと、気に入った場所に立ち寄れるのが魅力だと思います。

初めての土地で、自転車に乗るので安全には配慮するのは当然ですが、四万十川流域は都会と違って長閑な自然の中にあります。コンビニやファミレスも頻繁にはありません。
お手洗いと水分補給は、事前に注意しておくことが良いと思います。

いかがでしたか?ぜひ良い旅を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク
NO IMAGE