プロフェッショナル 釣り船船長、田代誠一郎さんってどんな人?

7月21日に NHK で放送される「プロフェッショナル 仕事の流儀」に、サンライズ「新海」の船長 田代誠一郎さんが出演されます。

田代船長の釣り船は、2年先まで予約がいっぱいです。
なぜなら、素人でも釣り人の憧れの魚「ヒラマサ」を、年間1,500本以上釣らせる技があるからです。

凄腕の船長、田代誠一郎さんとはどのような船長なのか、ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

田代誠一郎さんの経歴プロフィール

本名:田代誠一郎
生年月日:1979年9月24日
職業:遊漁船業サンライズ代表「新海」の船長
居住地: 佐賀県唐津市

田代誠一郎さんは、20歳の頃奄美大島で就職されました。そこで GT フィッシングのカリスマ福井健三郎氏に師事されました。

GTとは、ジャイアント・トレバリーの頭文字をとった呼び名で、ロウニンアジのことです。ロウニンアジは最大で全長2メートル、体重は80キロになる魚です。

5年の修行を経た後、佐賀県唐津市で遊漁船を始め、ヒラマサ釣りの名人として有名になりました。BS-TBSの「釣り百景」にもご出演されています。

田代船長が代表をしているサンライズってどんな会社?

「サンライズ」は、遊漁船業を運営しています。
遊漁船業とは、船で釣り人を漁場に案内し、魚を釣らせることを営みとしています。
この事業を行うには登録が必要となります。
田代誠一郎船長は、乗船した釣り人の”先生”の役割を果たしているのでしょう。

海釣りは、天候、潮の流れの状況により、命に危険が及ぶこともあります。
安心、信頼できる遊漁船であることが絶対条件のようです。

サンライズは、玄界灘の漁場で、安全で楽しい釣りをモットーにガイドをされています。

【田代さんが船長を務める乗船艇「新海」の情報をまとめておきます】
全長:18m(60フィート)
定員:9名
設備: トイレ/エアコン/電気ポット/電子レンジ/AC電源ほか
出船場所:佐賀県唐津市呼子町
料金:
【チャーターガイドの場合】
<所要時間:出港から帰港まで10時間>
・1日の料金 7名まで 14万円(税別)
※備考 8名から 1人追加の場合 +1万円(税別)

対馬、五島列島西側の遠征料金は+2万円〜6万円(税別)。
行く場所により変わるそうです。

【乗合ガイドの場合】
<所要時間:出港から帰港まで10時間>
・1人2万円(税別)
※備考 対馬・五島遠征+3,000円(税別)

サンライズのホームページにも書いていますが、
『乗船空き情報は、現在満席です。空席は随時お知らせ致します。』
となっています。

テレビ放送で紹介されることで、「新海」に乗るには、さらに待つことになるかもしれませんね。
定員が10名足らずなので、辛抱強く待つしか無いようです。

スポンサードリンク

田代誠一郎船長とはどんな人?年収はどれくらい?

日本トップクラスの釣り船船長の年収ですが、残念ながら公表されておりませんので、推測で計算してみます。

釣り船の年間出航回数:260回(週5回で試算 実際は天候状況次第で変わってきますね)
1回あたりの収入:14万円(1日のチャーター料金を参考にしました)

想定年間売上 14万円×260回=3,640万円 (+追加人員料金や遠征費用があります)

売上から燃料費用など経費を差引き、船長の収入となると凡そ1,500~2,000万円ぐらいかな?と算段してみました。

いずれにしても、「船が出航できる、できない」が収入に直結するでしょうから、安定的な年収として算出することは難しいかもしれません。

ちなみに、漁師の年収も調べてみました。
遊漁船長との比較はできないかもしれませんが、広く漁業に関わる職業として参考にしてみてください。
自営業で特に遠洋漁業になれば年収は1,000万円~1,500万円にもなるそうです。
一方、遠洋漁業は拘束時間が長く、年間3カ月ぐらいはずっと海の上で過ごすという生活になるそうです。

・カニ漁師(遠洋漁業) 1,000万円~1,500万円
・マグロ漁師(遠洋漁業) 800万円~1,500万円
・カツオ漁師(遠洋漁業) 700万円~1,200万円
・イカ漁師(遠洋漁業) 900~2,000万円

さて、田代誠一郎船長のブログには、「船長の休日」というテーマが設けられています。
そこでは休日の過ごし方として、船の整備、釣り道具の手入れをされているようです。

釣り船「新海」を利用するお客様に対して、快適な釣りができるように準備を怠らない活動をされています。
「新海」の予約が取りづらい理由として、リピーターの多さが挙げられそうです。
田代さんの技術指導はもちろんのこと、何度も乗船したいと思わせる人柄があると思われます。

また、お酒も好きそうです!
海の男らしく、豪快な酒豪なのでしょうか?

中学時代から趣味は、やはり釣りだったようです。
趣味が高じて、釣り名人となり、修行を重ねて、名船長となったのでしょうね。

まとめ

「プロフェッショナル 仕事の流儀」に、サンライズ「新海」船長 田代誠一郎さんが出演されます。

田代船長は、「ヒラマサ」釣りの名人で、素人でも釣らせることができるので、2年先まで予約がいっぱいです。
玄界灘の漁場にして、安全で楽しい釣りをモットーにガイドするそうです。

田代船長の年収ですが、公表されておりません。
天候や潮の流れの影響で、安全に船が出航できることが最優先されると思われます。
船の出航回数が、年収に直結するでしょうから安定的な年収として算出することは難しいかもしれません。

また、休日は釣り船や釣り道具の整備をされているようです。
田代誠一郎さんの人気の理由として、技術はもちろん、お客様への思いやりがリピーターの多さに繋がり、予約が取りづらいことに繋がっていると思われます。

多くの釣り人を楽しませてくれる、田代誠一郎船長の船に一度は乗ってみたいですよね!

サンライズホームページ

https://sunrise.genkainada.jp/

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする