注目キーワード
  1. 話題
  2. 人気
  3. 調査

遠野なぎこ、伊勢谷容疑者への辛辣コメントはなぜ?理由を調査!

こんにちは。

 

 

女優の遠野なぎこさんが、大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された、

伊勢谷友介容疑者へのコメントが注目を浴びています。

 

 

9月9日のTOKYO MX「バラいろダンディ」番組内で生出演した際の発言です。

今回は、辛辣コメント発言の背景を調べてみました。

 

スポンサードリンク

遠野なぎこさん、発言内容とは?

 

(番組内で伊勢谷容疑者について話を振られると、)

 

この人は一番ダサい生き方をしていると思いますね。

やってそうで普通にやってるって…なんの意外性もないダサい生き方をしてると思います。

 

今、日本で違法な訳だから、逮捕されちゃうって分かってて手を出すってところが、この人の幼児性なのか…

容姿にめぐまれて、お芝居ができて…。学校の学長かなんかやられてたんでしょ?

そういうことで『なんでも出来ちゃう、オレ』みたいなところで、酔ってたんだと思うんですけど

 

お芝居もそうだし、ドラマ、映画、学校も含め、どれだけ多くの人に迷惑がかかるってことを考えていない無責任さに、私は心から軽蔑します。

 

伊勢谷容疑者に対して、公共の場で、

「心から軽蔑します」と言い切れる芸能人は、

少ないのではないでしょうか。

 

遠野さんの心の中に、何か強く突き動かすものが、

あったのではないかと想像できます。

 

スポンサードリンク
 

遠野さんと伊勢谷さんの関係は?

 

調べてみましたが、友人、知人同士という訳では無いようです。

また、過去の出演作からも、共演した履歴は見つかりませんでした。

 

同じ芸能人同士と言えども、

辛辣なコメントをする動機となるようなものは特に見つかりませんでした。

 

遠野さん、辛辣コメントはなぜ?

 

2019年11月に女優の沢尻エリカ容疑者が、薬物所持で逮捕された時にも、

沢尻エリカについて「才能なんて無いんですよ」と厳しい発言をしていました。

この時の出来事も記事化されていましたので紹介します。

 

今回の逮捕を受け、芸能界からは沢尻の美貌を含め、芝居にかける意気込みやプロ根性、実力などを評価する声が多く上がっていたが、遠野の見解は異なるようで、沢尻への印象について振られると

 

「(役者としての)才能なんて無いんですよ。私、この人が上手いと思ったことが一度もありませんから」

 

と糾弾。続けて、

 

「たとえば、有名な数年前に主演した映画ありましたよね? ガチャガチャ壊れていくというような(内容の作品)。あれって一番、楽な芝居ですから。子役さんと一緒でバーって弾ければ、自分が気持ち良いだけなんですよ」

 

と過去作での沢尻の演技を難易度の低いものと位置付け、

 

「なんであんな評価されたのかって。ようやく言えた! あー、スッキリした」

 

とも吐き出している。

 

引用元:livedoor NEWS

 

伊勢谷容疑者に限らず、

役者が薬物使用をしていたということに、

強い懸念を表しているということのようです。

 

スポンサードリンク
 

それを推測できる内容が、

遠野さんのブログの過去の投稿にありました。

 

芸能界のあちらこちらが薬物で汚されているようなイメージや、

『誰しもブラックな部分が…』と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、本当に違うんですよ。

私なんかが知る“芸能界”は、ほんの小さな部分でしかないのかもしれません。

 

でもそんな“小さな世界”であれどうであれ…近年様々な事件が起きてしまい、

結果的に芸能界全体に害が及んでいるような印象を与えてしまっているだけなんです。

 

…“ゼロから物を生み出す作業”。

そりゃあ、皆んな辛いです。

 

…“何の保証もない世界で生き続けようとする事”。

そりゃあ、皆んなめちゃくちゃ辛いです。

 

それでも、多くの表現者が“許されない一線”を越えようなんて考えずに力強く生きています。

 

そして、各々が抱えている“全ての重圧”から

逃げたい思いを吹き飛ばしながら

“健全”に“懸命”に生きているのです。

 

皆んな皆んな…笑顔の下に、

苦しみや不安を隠しながら生きているんですよ。

 

だからこそ…本当に残念としか言いようがない思いと、

本来我々表現者が持っている『強く真っ直ぐな制作に対する意欲』を、

信じて頂きたい気持ちでいっぱいでいます。

 

転載元:遠野なぎこ公式ブログ 2019年3月の投稿より抜粋

 

このブログへの投稿は、

伊勢谷容疑者や沢尻容疑者が逮捕される前のものです。

 

「芸能界にいる多くの役者たちは、

いろんな苦しみや不安を抱えながら、

懸命に表現を模索している」と、つづられています。

 

そのような気概を持つ人からしてみれば、

薬物の力を借りて芝居、表現をすることに対して、

「軽蔑」という気持ちがうまれてくるのかもしれませんね。

 

まとめ

今回は、遠野なぎこさんが、伊勢谷容疑者に向けて発言した、

辛辣コメントの背景について調べてみました。

「ダサい生き方をしてる」「自分に酔ってた」、

「心から軽蔑する」など強い言葉を使って非難したようです。

 

その言葉の背景には、

「大多数の芸能界の人間は、表現することに対して、真摯に取り組んでおり、

薬物で逮捕される人物は、その他大勢の人間の取り組みを、冒涜(ぼうとく)している」

という強い気持ちの表れではないかと思われます。

 

最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク
NO IMAGE