注目キーワード
  1. 話題
  2. 人気
  3. 調査

”DIYのアマゾン”大都の社長、山田岳人さんってどんな人?

  • 2020年7月16日
  • 2020年7月17日
  • 達人
  • 1view

7月16日に、テレビ東京系列で放送される「カンブリア宮殿」に、株式会社大都社長の山田岳人さんがご出演されます。

山田社長は会社の三代目娘婿として入社し、これまでの工具卸売業から小売業に業態を転換し、“DIYのアマゾン”と呼ばれるまでに成長させました。

山田社長とは、どのような社長なのかご紹介したいと思います。

山田岳人さんの経歴プロフィール

本名:山田岳人(やまだたかひと)
生年月日:1969年
職業:株式会社大都 代表取締役
出身地:石川県
資格:DIYアドバイザー 社団法人日本DIY協会認定

山田社長の入社は、1998年です。
先代社長の一人娘である奥様との結婚を機に、後継者となるべく入社されたそうです。

前職は、リクルートで採用情報雑誌の営業マンをされていました。
異業種への転職、商習慣の違いから戸惑いもあったと思います。

さらに既存事業である工具の卸売事業の業績が芳しくなかったことで、会社の業態をネット通販を主軸としたEC事業へと舵を切りました。
この先見性と、事業を成長へ導く行動力は注目に値するものだと思います。

どのようにして“DIYのアマゾン”となったのか?

株式会社大都は、1937年創業の歴史ある企業です。
既存の卸売事業の不振が続いたことから、2002年インターネット通販事業に参入しました。

アマゾンが、日本に進出したのが2000年です。この当時のアマゾンは書籍のみの取扱いでした。また、ユニクロ、良品計画がECを開設した時期とも重なります。

これとほぼ同じタイミングで、インターネット通販事業に参入したのですから、ネットビジネス企業とすれば古参の領域に入ると思います。

現在では、単純に商品販売サイトを運営するだけでなく、DIYの初心者でもよくわかるような情報発信サイトや、ガーデニングのノウハウまで伝えるサイトを運営しています。

また、2014年には体験型 DIY ショップを、東京と大阪でオープンさせており、DIYの発展に寄与しています。この取り組みは、Amazon でも真似できないネットとリアルの融合として、多くのホームセンターが参考にしているそうです。

スポンサードリンク

山田岳人とはどんな人?年収はどれくらい?

社内ではジャックと呼ばれているそうです。
企業ホームページ内にもあるのですが、社員全員がイングリッシュネームで呼び合っているそうです。
この理由は、フラットな組織づくりを目指しているとのことで、DIYのカルチャーに合っているのかもしれません。

本業以外でも、一般社団法人ベンチャー型事業承継の理事もされています。
ご自身が経験した事業継承という出来事は、これから日本では頻繁に起こりうることでしょう。山田社長の経験が、多くの継承者にとっても役立つでしょう。

 

また、ご本人のブログに書かれていましたが、「(今は嫌いでも)その仕事を好きなことにする」という考え方を持たれて仕事をされているようです。
もともと、工具とか全く興味がなかったけれども、今の仕事は好きなようです。

さて気になる年収ですが、公表されておりません。
企業ホームページでは、会社の売上高42億円、従業員25名とあります。
この規模の社長の平均的な年収は、おおよそ1,500万円~2,000万円です。

山田社長の場合は、講演などの収入もあるでしょうから、平均以上の年収かもしれませんね。

まとめ

7月16日に、テレビ東京系列で放送される「カンブリア宮殿」に、株式会社大都社長の山田岳人さんがご出演されます。

三代目娘婿として入社し、工具卸売業から小売業へ業態を転換させました。
そして、“DIYのアマゾン”と呼ばれるまでに成長し注目されています。

現在は初心者でもわかりやすく、体験ができるようなDIY環境の普及も視野に入れて、ビジネスをされています。

組織マネジメントの視点では、フラットな組織づくりを目指しているとのことで、社員はイングリッシュネームで呼び合っているそうです。

年収は、公表されておりません。
同程度の会社規模の社長平均であれば、おおよそ1,500万円~2,000万円と推定されます。

山田社長は、上場を目指すとしています。
今後の活躍に期待しましょう。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE