山口絵理子(マザーハウス)、コロナ禍でも売上好調の理由を調査! カンブリア宮殿

こんにちは。

11月5日(木) 21時54分~、テレビ東京系列「カンブリア宮殿」、

【コロナでも大躍進・途上国の雇用守るマザーハウス】が放送されます。

【番組内容】

途上国から世界に誇れるブランドを!

バングラデシュ製のバッグやスリランカの石を使った

ジュエリーなどの製造販売を手掛けるマザーハウス。

コロナ禍でも画期的な新商品を次々に開発し、

売り上げは前年超えを達成している。

その一方で、コロナ感染が相次ぐ途上国で徹底したコロナ対策を実施、

従業員たちの雇用を守っていた。

山口絵里子さんが代表を務めるマザーハウスは、

13年連続売上増加しています。

コロナの影響でアパレル各社が、

瀕死の状況でも、売上拡大しているそうです。

今回は、好調の理由を調べてみました。

スポンサードリンク

山口絵理子経歴プロフィール

株式会社マザーハウス代表取締役兼チーフデザイナー。

1981年、埼玉県生まれ。

小学校時代はいじめに遭い不登校となったこともあるそうです。

中学時代は、非行に走るが、柔道に出会い更生。

埼玉県立大宮工業高等学校時代は「男子柔道部」に唯一の女子部員として所属し、

全日本ジュニアオリンピック第7位にまで上り詰めたそうです。

高校卒業後、慶應義塾大学総合政策学部に入学。

大学4年の時、米州開発銀行(ワシントン)でインターン経験

「アジア 最貧国」キーワード検索にて”バングラデシュ”に興味を抱き、

バングラデシュBRAC大学院開発学部修士課程に入学。

2006年「途上国から世界に通用するブランドをつくる」を理念とした、

株式会社マザーハウスを設立、代表取締役社長に就任。

2020年8月、一般男性と入籍していたこと、第一子を11月末に出産予定であることを発表。

”優秀な人”ということで、間違いはないと思いますが、

一般的な「優秀」というイメージではなく、

「自由な発想」と、「行動力」によって、

普通の人では出来ないことを、突破していくようなところがあります。

社長であり、デザイナーであり、女性であり、30代であり、

もの凄く、濃い人生を歩んでこられたように思います。

スポンサードリンク

マザーハウスの強みは?

アパレル他社と比較した場合、

マザーハウスの強みは、【素材へのこだわり】にあるようです。

形をコピーするのは誰にでもできますが、

素材をコピーするのはすごく時間がかかります。

~中略~

素材がダメだと、何を作っても良い物にはなりません。

今もっとも力を入れているのは、素材の開発です。

引用元:東洋経済オンライン

次に【バングラやネパールでの製造から日本の販売まで一貫して自社で手掛けている】のようです。

とても難しいビジネスモデルで製造と販売が一緒に動いていかないと、うまくいきません。

引用元:東洋経済オンライン

現地で生産する人たちと、どうやってコミュニケーションをとり、

信頼関係を作り上げていくのかが、カギになっているようです。

これにより適正な生産量のもと、セールで乱売するようなこともなく、

健全経営ができているそうです。

さらに、企業理念に共感した【優秀な若手社員が流入している】ことも強みになっているようです。

コロナ禍でも売上好調の理由は?

コロナ感染拡大時期では、店舗も閉店していたそうです。

一般的には、売上が落ち込んでしまいますが、

マザーハウスでは、デジタルシフトを積極的に進めたそうです。

具体的には、YouTubeチャンネルを開設したり、

オンラインショップにチャット機能をつけたりして、

オンライン上での、お客様との接点を増やしたそうです。

また、新作発表で購入を促進するのではなく、

自宅にあるカバンなどを回収し、リメイクする事業などを立ち上げています。

コロナ禍における、世の中の流れ、”空気感”に

きちんと合わせた事業展開をされているから売上の落ち込みがないのかもしれません。

スポンサードリンク

YouTubeチャンネルは?

マザーハウス関連で3つの公式チャンネルがありましたので、

ご紹介します。

◆MOTHERHOUSE

https://www.youtube.com/c/motherhouseofficial/featured

商品のご紹介、生産国の様子、LIVE中継によるイベントなど、

中々お店やWEBではお伝え仕切れない部分を、

映像を通してご紹介していきます。

◆山口絵理子

https://www.youtube.com/user/matrighor/featured

私がデザイナーとして伝えたい商品のマニアックな思い、生産地のみんなのこと、時々自分の考え方など、あまりジャンル関係なくアップしていく個人のチャンネルです。

ご感想やご質問が励みになりますので、ぜひコメントお願い致します。

◆情熱と思考をアップデートする「山崎大祐 マザーハウスカレッジ」

https://www.youtube.com/channel/UCw-gwcVVlpR_wFWFhvbhiSg/featured

「Warm Heart, Cool Head (熱い情熱と冷静な思考)」を

テーマに過去100回以上開催し、5000人近いお客さまを

集めてきたマザーハウスカレッジ。

リアルイベントが難しい環境であっても、

皆さまと繋がりたいと、動画配信を始めました。

思いをカタチにするヒントになるような、

ゲストを呼んでのテーマ議論やライブイベントを行う予定です。

”マザーハウス”の存在が身近になりそうですね。

まとめ

山口絵里子さんが代表を務めるマザーハウスが、

コロナ禍にあっても、売上拡大を続ける理由を調べてみました。

最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする