注目キーワード
  1. 話題
  2. 人気
  3. 調査

【病状】GACKT(ガクト)と多発性硬化症の関連は?全身皮膚炎はいつ治る?

こんにちは。

2022年5月16日に、

GACKT(ガクト)さんの病状が公表されました。

 

現在も治療を続け、

年内復帰を目指すものでした。

 

症状として、

全身皮膚炎の進行もあるそうです。

 

さらに、

 

GACKT(ガクト)さんは

昨年の8月の休養時に、

多発性硬化症の可能性も言われており、

今回の発表との関連が気になります。

 

さっそく調べてみました。

 

いっしょに見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

GACKT(ガクト)が病状を公表

2022年5月16日、

GACKT(ガクト)が現在の病状

その後の経過状況を明らかにしました。

GACKT様の病状について

・自己免疫の異常による免疫低下に伴う肝機能障害ならびに呼吸機能低下
・免疫低下による全身皮膚炎及び脱毛症
・上記に伴う発熱及び疼痛、並びに声帯機能の低下

 

発声障害については通常治療で回復してきましたが、

神経系疾患による免疫不全において全身皮膚炎や脱毛症が進行しており、

当施設では当該治療にあたりご本人自身の細胞を用いた幹細胞治療とリハビリを開始しております。

出典:PRタイムス

 

再生治療を行う医療機関からの発表でした。

一般的にはあまり馴染みのない、

病状のようです。

 

気になるのは、

GACKTに起こった全身に影響を及ぼした皮膚炎です。

 

全身皮膚炎とは、

いつ頃治るものなのでしょうか?

気になります。

スポンサードリンク

 

【GACKT(ガクト)の病状】全身皮膚炎はいつ治る?

皮膚再生医療として、

次のような記述がありましたので

ご紹介します。

 

■表皮細胞の培養に関して

2週間程度で体表の約10%、

3~4週間程度の培養で体表全面を覆う

自家培養表皮の細胞シートが作成できます。

出典:https://saisei-navi.com/hiza/regenerative_medicine/skin/

一般的には、

皮膚の培養は4週間程度でできるそうです。

 

これを、ガクトさんの体に移植し、

定着させる必要があると思われます。

 

その範囲が、全身となると、

完治までには、数か月単位の治療となるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

GACKT(ガクト)の病状と多発性硬化症との関連は?

さて、

昨年8月にガクトさんが、

病気療養する際に、

多発性硬化症の可能性を言われていました。

 

酒井内科・神経内科クリニックの酒井宏一郎院長は「多発性硬化症」の可能性を指摘している。

手足がマヒし、目が見えなくなったり、声が出なくなるという症状があり、呼吸などにも影響するという。
突然、悪化するらしい。

出典:J-castニュース

 

今回、医療機関からのGACKTさんの病状として、

・発生障害

・全身皮膚炎

・脱毛症

免疫異常が原因とされ、

再生医療を行っています。

 

多発性硬化症の治療には、

一般的には薬や注射を用いるようです。

 

これらの情報から、

GACKTさんが多発性硬化症であった可能性は、

低いのではないかと思われますね。

 

スポンサードリンク

 

GACKT(ガクト)へのみんなの反応は?

関連記事

こんにちは。 2022年5月16日、 GACKT(ガクト)さんが、 芸能活動の年内復帰を発表されました。   昨年から病気療養を続けていたので、 復帰の目途が立って 良かったですよね。 […]

スポンサードリンク

【病状】GACKT(ガクト)と多発性硬化症の関連は?全身皮膚炎はいつ治る?まとめ

GACKT(ガクト)が病状を公表

【GACKT(ガクト)の病状】全身皮膚炎はいつ治る?

GACKT(ガクト)の病状と多発性硬化症との関連は?

GACKT(ガクト)へのみんなの反応は?

を調べてみました。
最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク