注目キーワード
  1. 話題
  2. 人気
  3. 調査

【亀井義行の性格】家族構成や負けず嫌いなエピソードまとめ!

こんにちは。

巨人の亀井義行(39歳)が、

今季限りで現役を引退することが

明らかになりました。

 

亀井義行選手と言えば、

巨人の中でも、

ファンの多い選手です。

 

人気の理由には、

誰からも好かれる性格があるようですね。

 

亀井義行の性格として、

優しく穏やかで人懐っこい性格

とあります。

 

さっそく、調べてみました。

 

さっそく見ていきましょう!

 

スポンサードリンク

 

【亀井義行の性格】家族構成(嫁・一男一女)のエピソード

亀井義行の性格を調べるうえで、

気になるのが、家族構成、家族との間柄です。

 

奥さん(中村愛)とのエピソード

亀井義行が、中央大学3年生の時に知り合い、一目惚れ。

猛アタックして交際に発展。

結婚したのは、2005年12月。

亀井選手が23歳の時。

 

巨人選手としてチヤホヤされる前の、大学時代の何でもない自分を愛してくれた人を大事にする

 

というエピソードがあまりにも有名です。

もふ

一途でエエなぁ

 

いきなり、好感度が高いエピソードです。

 

子供(一男一女)とのエピソード

長男の大夢(だいむ)くんは13歳。

長女は11歳で名前は非公開。

 

男の子は叱るけど、女の子は叱りにくい。

最後は、もので釣るしかない。

 

男親は、女の子には甘い?

接し方が難しい、男親と娘との永遠のテーマ、エピソードですね。

もふ
どこの父親も一緒やな~

 

ちなみに、亀井選手の家族(嫁、長男、長女)

写真は、一切公表していないようです。

 

若い頃の写真や、

結婚時の披露宴の写真、

出産時の赤ちゃんの写真など、、、

 

徹底して、

プライベートは晒さないという主義

貫いているようです。

 

亀井義行の、初志貫徹、意思の強さが伺えます。

 

スポンサードリンク

 

【亀井義行の性格】ファンに優しい

 

出典:twitter

亀井義行は、ファンサービスが良いと評判でした。

 

奈良県出身ということで、

関西人のノリ?ということもあるのかもしれません。

 

スタジアムでの中でのファンサービスは、もちろんのこと、

難病施設への慰問など、

 

巨人の選手という誇りをもって、

ファンに接していたようですね。

 

もふ
プロ野球選手の鏡だなぁ

 

性格が穏やかで、優しいと言われる所以ですね。

 

また、スポーツ記者や首脳陣にも、

ファンが多く、

気に入られてようです。

 

スポンサードリンク

【亀井義行の性格】負けず嫌いな一面も

さて、野球の試合では、

優しさだけではなく、

プロとしての厳しさを物語るエピソードを紹介します。

wikiから引用すると、

2017年6月18日のロッテ戦では、好機で前の打者ケーシー・マギーが2打席連続で敬遠され、自身はいずれも凡退。

その後、1点を追う延長12回。またも好機で相手バッテリーはマギーと勝負を避け、亀井との勝負を選択。

三打席連続で前の打者が敬遠される屈辱を味わうも、逆転サヨナラスリーランを放ち、雪辱を果たした。

ベースを一周する際は号泣しており、続くヒーローインタビューの途中まで涙が止まらなかったことから、非常に負けず嫌いで熱い一面を持っている。

ヒーローインタビューの時には、

「これで最後だめだったら命を取られると思って、そのくらいの気持ちでいきました」

 

さすが、プロ選手です。

亀井義行が命を懸けた、試合の動画を紹介します。

 

 

もふ
亀井選手の男泣き、見てるこっちも、ウルってきちゃう。

 

スポンサードリンク

 

【亀井義行の性格】家族構成や負けず嫌いなエピソードまとめ!

【亀井義行の性格】家族構成(嫁・一男一女)は非公開
【亀井義行の性格】ファンに優しい
【亀井義行の性格】負けず嫌いな一面も

 

を調べてみました。

最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。

関連記事

こんにちは。 東京オリンピック2020では、 日本人選手が大活躍!   野球の侍ジャパンでは、 4番を務める鈴木誠也選手に注目してみました!   鈴木誠也選手のインスタは、 […]

関連記事

こんにちは。 2021年8月7日、 東京オリンピック野球で、 日本が金メダルを獲得!   そんな嬉しい表彰式の壇上で、 侍ジャパンの大野雄大選手が、 亡きチームメイトの木下雄介選手に、 […]

関連記事

こんにちは。   東京オリンピックで、金メダルを獲得した、 卓球・水谷隼選手を、 中傷するDMが送られていることが、 問題になっています。   SNSを介して、 人格否定す[…]

 

スポンサードリンク
NO IMAGE