注目キーワード
  1. 話題
  2. 人気
  3. 調査

才賀紀左衛門の彼女(絵莉)があびる優にマウント?アメブロの理由も!

こんにちは。

才賀紀左衛門さんの彼女である、

絵莉さんが注目を集めています、

 

2022年6月には、

アメーバブログで公式ブログを開設

 

妊娠後の日常生活

綴るとしています。

 

気になるのは、

才賀紀左衛門さんの前妻である、

あびる優さんへの”匂わせ”です。

 

ブログの中で

マウントをとっているようだ

という世間の声もあるようです。

 

筆者も、

少し複雑な気持ちになりました。

 

さっそく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

才賀紀左衛門の彼女(絵莉)がアメブログ開設

出典:アメーバブログ

・格闘家・才賀紀左衛門(33)の恋人で、妊娠6カ月を公表した恋人・絵莉さん(32)が3日、公式ブログを開設した。

・午後7時すぎの時点で4回もブログを更新。

・自身の職業が「フリーランスのライター」であること、まもなく妊娠21週目に入ることなどを説明した。

・一方の才賀は自身のブログで「『事実婚』という形をとる事にしました」と明かしている。

出典:デイリー

 

これまでもパートナーである才賀紀左衛門さんの

アメーバブログに頻繁に登場されていた、

彼女の絵莉さん。

 

1日内に数多くの投稿をされているようですね。

 

このタイミングで、

個人の公式ブログを開設した理由は何なのでしょうか?

 

気になります。

 

スポンサードリンク

 

才賀紀左衛門の彼女(絵莉)がアメブログ開設の理由は?

才賀紀左衛門さんの彼女

絵莉さんが、

個人ブログを開設した理由として

考えられるのが、

ブログからの広告収入と思われます。

 

これまでどおり

才賀紀左衛門さんのブログを使って、

日常生活の情報を発信することは

出来たと思うのですが、、

 

敢えて

絵莉さんの妊娠から出産を公開することで、

アクセスを集めようとしているのかな?

と思われます。

 

実際に、

このブログには

「運営さん」がいることを明かしています。

これは、アメーバブログのことを

言っているのでしょうね。

 

アメーバと共同して

才賀紀左衛門さんと絵莉さんは

ブログビジネスを計画しているのかな?

と思われます。

 

スポンサードリンク

 

才賀紀左衛門の彼女(絵莉)があびる優にマウント?

そして、

絵莉さんのブログでは、

 

才賀紀左衛門さんの前妻

あびる優さんに対して、

匂わせマウントをしています。

(出典:公式ブログ)

葬式か?

葬式中なんか?

あれ、でもこれ、前の奥さんとの結婚会見の時の写真では?

 

絵莉さんは、

才賀紀左衛門さんの表情が、

硬いことに対して、

ツッコミを入れているようです。

 

それにしても、

前妻(あびる優)との結婚会見を見下すような

表現を使わなくても良いのではないか、、

と思います。

 

少し、冷や冷やしますね。

 

 

ブログとしては、

匂わせマウントすることで、

アクセスが集まることを

計算しているのかもしれません。

 

もしそうであれば、

かなり戦略的ですね。

 

とはいえ、

あびる優さんにしてみれば、

良い気持ちにはならないですよね。

 

もう少し配慮があってもよいのかなぁ、

と感じますよね。

 

スポンサードリンク

 

才賀紀左衛門の彼女(絵莉)へのみんなの反応

彼女の中では、着々と準備してたんだろうな。と思う。ちょっと控えめ、堪え忍ぶ的な、姿勢を見せつつ、子供と仲良しアピールで元奥さんに牽制を掛けるというか。

子供が産まれたら、態度が変わらないように分け隔てなく、育ててあげて欲しいね。複雑にならなければいいね。

 

元奥さんへの対抗心むき出しだけど?

 

彼氏が「ほんと良くできた彼女」「いつもありがとう」みたいなことばかり言ってるのでよくできた彼女なのかなと勝手なイメージがありましたが、猛烈マウント女子だった…

 

関連記事

こんにちは。 2022年6月1日、 才賀紀左衛門さんが、 交際中の彼女である絵莉さんの、 妊娠を発表しました。   おめでたい発表ではあるものの、 才賀紀左衛門さんは、 あびる優さん[…]

スポンサードリンク

才賀紀左衛門の彼女(絵莉)があびる優にマウント?アメブロの理由も!まとめ

才賀紀左衛門の彼女(絵莉)がアメブログ開設

才賀紀左衛門の彼女(絵莉)がアメブログ開設の理由は?

才賀紀左衛門の彼女(絵莉)があびる優にマウント?

才賀紀左衛門の彼女(絵莉)へのみんなの反応

を調べてみました。
最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク