注目キーワード
  1. 話題
  2. 人気
  3. 調査

【知床遊覧船の社長】桂田精一の陶芸作品《画像》は?就任の経緯も!

こんにちは。

北海道の知床半島で

観光船「KAZU1(カズワン)」が消息を絶った

痛ましい事故が起きました。

 

この遊覧船の会社社長

桂田精一氏は、

元陶芸家であることが分かっています。

 

陶芸家であった人物が、

なぜ観光船の会社社長になったのか?

不可解とも思えます。

 

その経緯や、

桂田精一氏の陶芸作品も調べてみました。

 

さっそく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

【知床遊覧船の社長】桂田精一氏は元陶芸家

桂田精一氏の素性がわかる記事が存在していました。

※現在は非公開となっています。

 

経営コンサルタントの小山昇氏が、

2017年の出来事を回想しています。

2017年夏、私は妻と世界遺産の知床に行きました。

宿泊は、経営サポート会員でもある有限会社しれとこ村(北海道、旅館業)。

いい宿ですが、桂田精一社長は有名百貨店で個展を行うほどの元陶芸家で、

突然ホテル経営を任され、右も左もわからないド素人

 

知床観光船が売り出されたとき、私は、

「値切ってはダメ! 言い値で買いなさい」と指導した。

 

世界遺産のなかにあるホテルが売り出されたときも、

「買いなさい。自然に溶け込む外壁にしなさい」と指示した。

 

すると、赤字の会社があっというまに黒字に変わった。

ただ、ところどころでもったいないところがあった。

当時の旅館の名前「国民宿舎桂田」も無味乾燥で、お客様がラブストーリーを感じない。

 

出典:http://diamond.jp/articles/-/158611

 

有限会社しれとこ村は、

知床遊覧船を運営している会社です。

 

そして、その社長である「桂田精一」氏は、

 

かつて、百貨店で個展を行う陶芸家だったらしいのです。

驚きました。

 

どのような陶芸を作っていたのでしょうか?

前述の小山氏がツイートされていました。

 

スポンサードリンク

 

【知床遊覧船の社長】桂田精一氏の陶芸作品《画像》

 

陶芸作家、桂田精一氏

作品画像を調べましたが、

確認できるものは上記のものだけでした。

 

東京のデパートで

何回も個展を開いた実績が本当であれば、

作品画像はさらにあると思われます。

 

陶芸作家としては、

別の名前を用いて

発表されていたのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

【知床遊覧船】桂田精一氏の社長就任の経緯は?

さて、桂田精一氏が、

知床遊覧船の運営会社の社長

就任した経緯や理由が気になります。

 

前述の小山昇氏の回想記では、

桂田精一氏は、

突然ホテル経営を任され、右も左もわからないド素人。

と評されている人物です。

 

調べていくと、

桂田精一氏の父親が、

関わっているのではないか?

という推測があるようです。

 

桂田氏の父親が、

町議会議員であったことは事実でした。

 

父親が町議会議員であったことから、

当時の「国民宿舎桂田」が売りに出されたときに、

地元の有志として購入したのかもしれません。

 

そして、

陶芸家であった息子に、

社長を任せたとのでは?

との憶測があるようです。

 

スポンサードリンク

 

【知床遊覧船の社長】桂田精一へのみんなの反応

 

スポンサードリンク

【知床遊覧船の社長】桂田精一の陶芸作品《画像》は?就任の経緯も!まとめ

【知床遊覧船の社長】桂田精一氏は元陶芸家

【知床遊覧船の社長】桂田精一氏の陶芸作品《画像》

【知床遊覧船】桂田精一氏の社長就任の経緯は?

【知床遊覧船の社長】桂田精一へのみんなの反応

を調べてみました。
最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク