注目キーワード
  1. 話題
  2. 人気
  3. 調査

渡辺伸一《スノボー》の経歴や現在は?ハーフパイプ解説のビタビタとは?【北京オリンピック】

こんにちは。

北京オリンピックの競技や、

解説者に注目が集まっています。

 

今回は、

スノーボード、

ハーフパイプ解説を行っている、

渡辺伸一さんをクローズアップしたいと思います。

 

これまでの経歴や、

現在の仕事や、

解説の評判なども調べてみました。

 

さっそく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

渡辺伸一《スノ―ボード》の経歴は?

名前:渡辺伸一(わたなべ しんいち)
生年月日:1977年3月17日生まれ(45歳)
出身:北海道
身長:160cm
ホームマウンテン:キロロリゾート

出典:https://uspj.co.jp

 

現在、40代の渡辺伸一さん、

10代の頃から競技者(プロ)として、

大会を転戦していたそうです。

 

1998年の長野オリンピックにも、

出場していました。

 

20歳の時、

スノボー男子ハーフパイプ選手として、

長野オリンピックWEBサイトにも

掲載されていました。

 

出典:https://www.joc.or.jp/

(職業欄、スノーボードショップ店長!)

店長が、オリンピックに出場なんて、

身近な感じがしますね。

 

このときの長野オリンピックの試合結果は、

予選落ちでした。

 

北京オリンピックでの

平野歩夢など日本人選手の活躍を、

渡辺さんは、感慨深い気持ちで見ていたでしょうね。

スポンサードリンク

 

渡辺伸一《スノ―ボード》の現在の仕事は?

2020年のインタビュー記事によると、

北海道を中心に、次世代スノーボーダーを育成する

スノーボード少年団COMPASの代表を務めているようです。

 

スノーボード普及のために尽力されているようです。

 

その活動実績もあり、

オリンピックのテレビ中継の解説も

任されるようになったのでしょうね。

 

スポンサードリンク

 

渡辺伸一が《ハーフパイプ解説》ビタビタとは?【北京オリンピック】

渡辺伸一さんが、

スノボー解説時の表現、

ビタビタ

が話題になりました。

 

ビタビタとは、

「ビッタビタにはめてましたね」
(=びったびたにはめてましたね)

なんのズレもなく、ピタッリ

という意味のようです。

 

もともとは、

東京オリンピック2020の

スケートボードの解説者

瀬尻稜さんによる言葉でした。

 

瀬尻選手の「ビッタビタにはめてましたね! なんのずれもなく」という解説を、

共に実況をしていたアナウンサーが「寸分違わぬ繊細なトリック」と別の言葉に置き換える技への評価も話題に。

「ビッタビタ」は「ピッタリ」の上位互換とも取れる。

出典:https://numan.tokyo/

 

ゴン攻め、カッケー、やばいっす

かなり流行ったと思います。

 

スポンサードリンク

 

みんなの声

 

渡辺伸一《スノボー》の経歴や現在は?ハーフパイプ解説のビタビタとは?まとめ

渡辺伸一《スノ―ボード》の経歴は?

渡辺伸一《スノ―ボード》の現在の仕事は?

渡辺伸一が《ハーフパイプ解説》ビタビタとは?【北京オリンピック】

みんなの声

を調べてみました。
最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。

関連記事

こんにちは。 スノーボード界の絶対的王者、 ショーンホワイト(35歳)が、 北京オリンピック後に、 引退するそうです。   今回のオリンピックが、 見納めになるということで、 いつも[…]

関連記事

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://magazinehack.com/hiraayu-board] こんにちは。 平野歩夢選手の、 オメガシーマスターの 腕時計がカッコイイと評判で[…]

関連記事

こんにちは。 2022年北京オリンピックの競技や、 解説者に注目が集まっています。   アルペンスキーの第一人者であった、 皆川賢太郎さん(44歳)の 解説も丁寧で、 評判が良いようです。[…]

スポンサードリンク