注目キーワード
  1. 話題
  2. 人気
  3. 調査

スーツ規定違反の【審判員は誰・顔画像】失格理由はポーランド女性の報復?《北京冬季オリンピック》

こんにちは。

2022年2月7日に行われた

北京オリンピック、

スキージャンプ混合団体戦における、

スーツ規定違反者続出

全容がわかってきました。

関連記事

こんにちは。 2022年2月7日夜に行われた、 北京オリンピック、 スキージャンプ混合団体の試合で、 日本チームは、4位と健闘しました。   しかし、 惜しむらくは、スーツ規定違反。 […]

さっそく紹介します。

 

スポンサードリンク

 

スキー混合団体競技で女子選手に失格者が続出《北京冬季オリンピック》

2022年2月7日夜に行われた、

北京オリンピックの

スキージャンプ混合団体の試合で、

スーツ規定違反が続出。

 

高梨沙羅選手を含む

4か国5人のトップ選手が

失格となりました。

 

このときに、

不可解に思える事実として、

次の3つが言われていました。

1,スキージャンプ混合団体戦には、男子選手もいるが、検査は女子だけ

2,2月5日の女子ノーマルヒル(個人戦)では失格者なし

3,混合団体戦の事前検査では合格していた

この不可解な事実に対して、

合点がいく内容情報が見つかりました。

 

2chでの記事の紹介ですが、

この内容に関しては、

信憑性が高いと思われます。

 

この2ch記事は、

オリンピックの裏側を、

時系列で表す内容になっています。

女子ノーマルヒル後にポーランド人女性審判Agnieszka Baczkowska(アグニエスカ・バチコフスカ)がヒステリーを起こした

②そのBaczkowskaが今日の混合でユニフォームチェックのアシスタントだった

③で、Baczkowskaが怪しいものを次々と今日のユニフォームチェックの責任者JUKKARA Mika(ミカ・ユッカラ・フィンランド人男性)に引き渡す

④そのMikaはこれを良い都合に1人ついて十数分セクハラまがいのチェックを行った後、失格言い渡し

そして①のヒステリーを起こした理由が・・・

・ 過去に、男子ジャンプチームが勝てなくなったのは靴がアップデートされていなかったことが判明

・ アップデートしたことをFISに報告していなかったメーカーは違反だ!って騒ぎだす

・ そのアップデートされた靴を使ったジャンパーは失格にしろと騒ぎだす
(その対象がドイツ、オーストリア、日本、ノルウェーの選手だった)

・ FISはその訴えを却下

・ そういうわけで・・・今回、史上初めて女子が団体に参加する混合種目で、女子のスーツをターゲットに今回ヒステリーを起こした
連行されたのも、よりによって、高梨・アルトハウス・イラシュコとトップ選手がターゲットにされた

出典:2ch

 

また、元ネタとして、

ポーランドスポーツサイトの記事がありました。

https://sport.interia.pl

 

海外では、

すでにこの記事は、

憶測ではなく、

特定情報として、

問題視されているようです。

 

スポンサードリンク

 

失格者続出の理由はポーランド女性(アグニエスカ・バチコフスカ氏)の報復?

ポーランド人女性審判員、

Agnieszka Baczkowska(アグニエスカ・バチコフスカ)

報復の動機は、

 

上記、2ch記事のこの部分ですね。

・ 過去に、男子ジャンプチームが勝てなくなったのは靴がアップデートされていなかったことが判明

・ アップデートしたことをFISに報告していなかったメーカーは違反だ!って騒ぎだす

・ そのアップデートされた靴を使ったジャンパーは失格にしろと騒ぎだす

(その対象がドイツ、オーストリア、日本、ノルウェーの選手だった)

・ FISはその訴えを却下

ドイツ、オーストリア、日本、ノルウェーの選手

高梨・アルトハウス・イラシュコ・シュトルツが報復にあった

と符合できます。

 

このポーランド女性(アグニエスカ・バチコフスカ)の報復の動機として、

解説にあたる記事がありましたので、

紹介します。

 

過去に、ポーランドチームが改良されたシューズを使えなくて、競技に勝てなかったということがあったそうです。

その時に、改良されたシューズを使っていたのが、日本、ドイツ、オーストリア、ノルウェーでした。

このシューズを使うことは違反ではありませんが、それらの国は、改良シューズ使用の報告を国際スキー連盟にしていなかったそうです。

バチュコフスカは、国際スキー連盟に、改良シューズを使っていた国を失格にするよう要求しました。

国際スキー連盟は、バチュコフスカの訴えを却下しました。

出典:https://ameblo.jp/mizui15/entry-12725728461.html

 

ポーランド人女性の、

アグニエスカ・バチコフスカは、

今回のオリンピックの、

スキージャンプ混合団体競技を舞台にして、

日本、ドイツ、オーストリア、ノルウエーに、

報復したとみられます。

 

スポンサードリンク

 

スーツ規定違反の【審判員は誰?】(アグニエスカ・バチコフスカ氏)

ポーランド人の女性審判員、

Agnieszka Baczkowska(アグニエスカ・バチコフスカ)

スキージャンプ混合団体競技の、

ユニフォームチェックアシスタントでした。

 

さらに、

スーツ規定違反の【審判員は誰?】(ミカ・ユッカラ氏)

 

ユニフォームチェックの責任者

JUKKARA Mika

(フィンランド人男性・ミカ・ユッカラ)

セクハラまがいのチェックをしたとされています。

 

ユニフォームチェックは、

本来、女性選手に対して、

男性は行わないそうです。

 

この二人の母国、

ポーランドとフィンランドからは、

スーツ規定違反者は居ない。

というのも、、。

 

この情報が全て正しいとすると、

今回の競技に、

公平性があったとは

言えないようですね。

 

関連記事

こんにちは。 2022年2月7日に行われた、 北京オリンピック、 スキージャンプ混合団体戦における、 スーツ検査官情報が判明してきました。   ポーランド女性の アガ・バチコフスカ氏 […]

 

オリンピック運営側からの

公式コメントを

待ちたいと思います。

スポンサードリンク

スーツ規定違反の【審判員は誰?】失格原因はポーランド女性の報復?《北京冬季オリンピック》まとめ

スキー混合団体競技で女子選手に失格者が続出《北京冬季オリンピック》

失格者続出の理由はポーランド女性の報復?

スーツ規定違反の【審判員は誰?】

 

を調べてみました。
最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。

 

関連記事

こんにちは。 2022年2月7日夜に行われた、 北京オリンピック、 スキージャンプ混合団体の試合で、 日本チームは、4位と健闘しました。   しかし、 惜しむらくは、スーツ規定違反。 […]

関連記事

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://magazinehack.com/suit-skiing] こんにちは。 2022年2月7日(月)夜、 スキージャンプ混合団体の試合が行われ、 […]

関連記事

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://magazinehack.com/suit-skiing]   こんにちは。 冬季北京オリンピック、 スキージャンプ、女子ノーマルヒル[…]

スポンサードリンク