注目キーワード
  1. 話題
  2. 人気
  3. 調査

タサン志麻(伝説の家政婦)、メディアが注目する3つの理由を徹底調査

こんにちは。

”伝説の家政婦”の肩書で有名な、タサン志麻さんが、

注目を集めています。

 

2017年にテレビ出演したのをきっかけに、

テレビ、本・雑誌メディアなどが、こぞって注目し、

著作も10冊を優に超えるほどです。

 

これからも、話題の中心となりそうなタサン志麻さん

メディアが注目している理由を調査してみました

 

スポンサードリンク
 

タサン志麻さん、経歴プロフィール

 

 

大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業。

ミシュランの三ツ星レストランでの研修を修了して帰国後、

老舗フレンチレストランなどに15年勤務。

 

結婚を機に、フリーランスの家政婦として活動開始。

各家庭の家族構成や好みに応じた料理が評判を呼び「予約がとれない伝説の家政婦」としてメディアから注目される。

 

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」でその仕事ぶりが放映され、年間最高視聴率を記録。

 

出版したレシピ本は続々ベストセラーとなり、著者累計105万部を突破。

『志麻さんのプレミアムな作りおき』でレシピ本大賞2018 料理部門入賞、

『志麻さんの気軽に作れる極上おやつ』でレシピ本大賞2020 おやつ部門準大賞を受賞。

 

現在は家政婦の仕事に加えて、料理イベント・セミナーの講師や、

地方の特産物を活かしたレシピ考案など多方面で活動中。

 

フランス料理やフランス人を通じて学んだ家族の食卓の温かさを、

忙しい日本の家族に届けたい一心で、日々、料理と向き合っている。

 

フランス人の夫、2人の息子、2匹の猫と暮らしている。

引用元:タサン志麻公式サイトより

 

ブレイクのきっかけは?

 

タサン志麻さんは、2015年にフリーランスの家政婦として、

家事代行サービスに登録されました。

 

1年足らずで定期契約顧客数がナンバーワンとなっています。

予約表に登録すると30分以内に予約で埋まり、「予約が取れない伝説の家政婦」と呼ばれるようになったそうです。

 

これだけでも、すごいことではありますが、

 

全国的なブレイクは、2017年2月放送の「沸騰ワード10」への出演がきっかけと言われています。

・出張料理人として3時間で15品以上の料理を作り

・その手際のよさ、見事なレシピの豊富さ

が見る人を驚かせたのだと思います。

 

このブレイクをきっかけに注目され、

直近3カ月の活動は次のとおり、活躍されています。

 

【2020年8月】
・ブレーン9月号 インタビュー
・NHKプロフェッショナル「プロのおうちごはん 夏スイーツスペシャル」出演
・情報誌 レシピ掲載
・肉料理レシピカレンダー2021年版 レシピ掲載
・ESSE 10月号 レシピ掲載
・WEBメディア レシピ掲載

 

【2020年9月 】
・料理レシピ本大賞 おやつ部門準大賞 受賞
・朝日新聞デジタル「&W」インタビュー
・リシェルアンバサダーに就任

 

【2020年10月】
・クロワッサン 10/10号 取材
・WEBメディア(2件) レシピ掲載
・新刊『志麻さん式 定番家族ごはん』発売
・#つや姫といっしょ インスタキャンペーン 審査員

 

【2020年11月】
・あさイチ プレミアムトーク 出演
・沸騰ワード10 出演
・NHK Eテレ「きょうの料理」出演

 

本当に目覚ましい活躍ぶりで驚きました!

これほどメディアが注目する理由は何なのか?

調査してみました。

 

スポンサードリンク
 

注目される理由 その1 料理の腕前が超一流

 

あたりまえですが「料理の腕」ですよね。

志麻さんが”伝説の家政婦”と言われる理由でもあります。

・3時間で1週間分の作り置き

・フランス料理をベースにした、本格的なレシピ

・出来上がりの華やかさ

・家族への気配りを感じるメニュー

まず基本として、料理の腕が秀逸だからでしょうね。

 

注目される理由 その2 スローライフの実践

 

志麻さんの経歴にもあるとおり、

かつてプロの料理人として、永らくストイックな姿勢で仕事に打ち込んでこられました。

レストランで働いていた時代は、19時間労働だったそうです。

 

その後、仕事で行き詰まり、挫折を経験。

「自分の「好き」を突き詰め、本当にやりたい仕事「料理家政婦」としての

生きざま」に、共感を得ているのだと思います。

 

また、志麻さんの実生活にもメディアは注目しています。

フランス人の夫、二人の子供との家庭を大切にしている様子

都内の古民家に住んでいるのも

「スローライフの要素」があり、注目されるのだと思います。

 

注目される理由 その3 成り上がり爽快感

 

志麻さんの肩書として「家政婦」という言葉が使われます。

本来の経歴から考えると、「敏腕シェフ」が家庭料理を作っているとも思えます。

 

しかしメディアとしては、

「普通の主婦が、ものすごく上手に料理が出来て、カリスマ主婦になった」という、

”成り上がりストーリーの爽快感”が、より注目を集める理由かもしれません。

 

志麻さんの穏やかな佇まいも、「敏腕シェフ」というより、

多くの人が持つ「家政婦」のイメージに沿っているのだと思います。

 

著作レシピ ベストセラーを紹介

 

ご本人の意向によると、

コロナ禍により、今は、家庭に出向く家政婦の仕事はできないが、

収束すれば、また再開したいようです。

依頼者は、膨大と思われるので、

タサン志麻さんの争奪戦でしょうね!

 

一般の人は、志麻さんの著作を見てみたい!と思います。

ここでは、アマゾンでベストセラーとなっているものをご紹介します。

 

志麻さん式 定番家族ごはん(特典:食材&台所のムダがなくなる! 「志麻ワザ」メモ)
¥1,540

 

ちょっとフレンチなおうち仕事 (正しく暮らすシリーズ)
¥1,540

 

いつもの食材が三ツ星級のおいしさに 志麻さんのベストおかず (別冊エッセ)
¥1,100

 

 

スポンサードリンク

まとめ

 

”伝説の家政婦”の肩書で有名な、タサン志麻さん。

メディアが注目している理由を調査してみました。

 

最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。

 

スポンサードリンク
NO IMAGE