注目キーワード
  1. 話題
  2. 人気
  3. 調査

川内谷幸恵さん、「全国でも貴重な女性”ウニ漁師”」の年収を調査!

こんにちは。

 

9月22日(火)23時15分~、フジテレビ「セブンルール」

女性漁師、川内谷幸恵(かわうちやさちえ)さんがご出演されます。

会社員から転身し、北海道・余市で極上のウニを獲る女性漁師に密着!

「繊細なところは女性ならでは。それで対抗するしかない」

と語る彼女のルールとは?

 

【番組内容】

 ◎札幌から電車で1時間半ほどの場所にある北海道・余市町。

 

海の幸に恵まれた漁業が盛んなこの地で、全国でも少ない女性漁師として

活躍しているのが、今回の主人公・川内谷幸恵(かわうちやさちえ)だ。 

 

 ◎福祉施設の事務員として働いていた彼女にとって、

転機となったのは5年前。

父で漁師の藤一さんが心筋梗塞で倒れたことだった。

 

3日後に意識を取り戻し、奇跡的に持ち直した藤一さんだったが、

これまでのように1人で漁を続けるのは厳しく、

一念発起した彼女は、家業を継いで漁師になることを決めた。 

 

 ◎川内谷がベースとする漁港では、季節によって様々な魚が獲れる。

 

夏場はウニ漁のシーズンだ。彼女が最も得意とするのがウニ漁。

 

男性漁師が多数を占める中、その力の差を埋めるために、

彼女が武器にしているもの、それは女性ならではの

“きめ細やかさ”や“工夫”だ。 

 

◎プライベートでは、3人の子供を持つシングルマザー。

 

現在は小学1年生の末っ子と暮らしている。

 

育ち盛りの末っ子が常に近くにいるのを見ると、

「漁師になって良かった」と思えることがあると話す。

それは・・・。  

 

◎新しい漁師のあり方を目指す、川内谷幸恵の7つのルールに密着!

 

川内谷さんのウニは、専門店に指名買いされる絶品とのことです。

今回は、「全国でも貴重な女性”ウニ漁師”」の年収を調査してみました。

 

スポンサードリンク

川内谷幸恵さんの経歴プロフィール

 

北海道・余市町出身42歳。漁師(ウニ、アワビ、刺し網)

3人姉妹の長女として生まれる。

福祉施設で事務員として働いていた5年前、

父で漁師の藤一さんが心筋梗塞で倒れたことを機に、

家業を継いで漁師の道に。

 

また、積極的に新しいことにも挑戦し、

全国でも25人しかいない水産庁の

水産女子プロジェクトのメンバーに選出。

 

プライベートでは、3人の子供を持つシングルマザー。

 

3人のお子さんを育てながら、会社員から漁師に転身したのが5年前。

 

家業を継いだということでしょうから、

まったくの素人ではなかったのでしょうね。

それにしても、一大決心だったと思います。

「母は強し」ということでしょうね。

 

スポンサードリンク
 

川内谷幸恵さん、年収を調査!

 

川内谷さんの年収は、公表されていませんでした。

 

一般的な漁師の年収は、次のとおりです。

沿岸漁業:200~300万円

沖合漁業:400〜500万円

遠洋漁業:600~800万円

漁師の生涯年収:1~3億円程度

 

ウニ漁は、沿岸漁業にあたりますので、

200~300万円が平均年収なのでしょうか。

 

漁師の場合、漁業に関わる副業をすることで、

年収を増やすことができるようです。

 

飲食店や旅館を営み、釣った魚をお客様に提供することで、

暮らしを豊かにしているそうです。

 

スポンサードリンク
 

漁業との「これまで」の関わり

 

川内谷幸恵さんもメンバーとなっている、

水産庁「海の宝!水産女子の元気プロジェクト」に

ありましたので紹介します。

 

父が病気になったのをきっかけに、福祉施設の事務員から漁師へ転職。

 

娘に猛反対されましたが、前に進み続ける私の背中を見た娘は

今では良き理解者で、もっと沢山の人に漁師を知ってもらいたいと

応援してくれています。

 

北海道と日本海は冬は厳しい漁業。

ウニ、アワビは磯舟を使い1人漁に出ます。

 

刺し網は父と一緒に沖に行き、鮭、カレイ類を刺し網でやってます。

 

漁師の仕事内容を知ってもらいたい、魚に興味を持って欲しいと思い、

ウニむきの体験(インバウンドのお客さん)、

修学旅行生の漁業体験の受け入れを今現在やってます!

 

後は自分で取ったものを色々加工し商品にしようと日々研究中です。

 

「漁師をもっと知って欲しい」というのは

川内谷さんの使命感なのかもしれませんね。

 

漁業との「これから」の関わり

 

新鮮な魚を使ってレストランで私の取って来た魚を料理してもらい、

私の話しを聞きながら食べるっていう企画をもっと沢山やっていきたいことと、

女性漁師としての立場から、

子供たちに魚に興味を持ってもらうような漁業教室や、

公演をすることが今の目標です!

 

魚を取ってる私だからこそ見える部分を知ってもらいたい、

美味しく食べる調理法の伝授など、

活動を広げて行きたいと思っています!

 

なので、女性漁師としての公演依頼等ありましたらよろしくお願いします!

 

女性ならではの視点もあるので、色々興味を持っていただけるかと思います。

 

海女さんとの違いは?

 

漁業・水産業で女性が働くというと、

「海女さん」を思い浮かべてしまいます。

そこで、海女さんの定義を確認しました。

 

海に潜って貝・海藻などをとることを職業とする女性。

引用元:コトバンク

 

川内谷さんは、漁師なので素潜りではなく、

船の上からウニを探して獲っています。

 

まとめ

 

会社員から転身し、北海道・余市で極上のウニを獲る女性漁師

「川内谷幸恵」さんの年収を調査してみました。

 

最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE